もっと自転車活用を!

皆さんは普段から自転車を利用していますか?

近年、住民の身体活動向上や環境改善を目的に、徒歩や自転車で移動する「アクティブな移動(active travel)」が諸外国で推進されています。運動する時間のない人も、通学・通勤時を運動時間とすることで健康増進にもつながるため、徒歩や自転車で移動できるアクティブな街づくりも欧州を中心に各国・都市で進められているそうです。

例えば、フランスはツールドフランスの開催国ですが、サイクリングはスポーツとして捉えられており、移動手段としての自転車シェア率はわずか3%しかありません。こうした現状を変えるべく、自転車道の整備や盗難対策、自転車通勤者への金銭的なインセンティブ(報奨金など)を実施し、2024年までに自転車による移動を3倍の9%に増やすことを目指しています。

実は日本でも自転車活用の取組みが行われていることをご存知ですか?

2017年に「自転車活用推進法」という新しい法律が施行されました。

その中では、自転車専用道路の整備や交通安全教育など14項目が重点施策として挙げられ、国全体で自転車活用を進めていく動きがでてきています。

自転車活用のメリットとして
・自転車は二酸化炭素を排出しないので環境にやさしい移動手段であり、 健康づくり にも役立つ
・災害時において機動的であり、車などが利用できない際の有効な移動手段になる
・過度な自動車への依存を減らし交通混雑の緩和に役立つ
といったことが考えられます。

しかし、その反面「乗る側の心構え」という課題もあります。

自転車は、車に比べると軽量でスピードもさほど出ていないため、人身事故を起こしてもそこまで重症なケースになることは多くありません。しかし、転倒して重度の後遺症が残ってしまったケースや、最悪の場合亡くなったケースもあります。

自転車は身近な交通手段として幅広い年齢層に利用されています。一人ひとりが交通ルールやマナーを守り、安全で快適な自転車ライフを楽しみましょう!

学校スポーツコーディネーター知っていますか?~スコットランドの取り組み~ 

「学校スポーツコーディネーター」とは、地域の事情や課題に応じた課外活動プログラムの実現を図る為に、学校、スポーツ、行政の間のパイプ役として活動する方々のことです。

スコットランドでは深刻化する青少年の肥満問題を踏まえ、国内全32の自治体と政府系スポーツ機関が連携し、「学校スポーツコーディネーター」を全国に400名以上配置しています。彼らは地域のスポーツクラブや競技団体関係者と学校とのパイプ役となり、学校内での運動の機会を質と量の両面で充実させています。 

プログラムの内容は、球技やダンス、マルチスポーツ、陸上競技など多岐にわたっており、始業前や休み時間、放課後など、学校にいながら子どもたちが、より多様なスポーツを体験できる機会を作っています。

この取組みにより、自分の好きなスポーツを見つけられるきっかけになるだけでなく、早いうちから地域のスポーツクラブ関係者と知り合いになることで、卒業後の運動継続にもつながります。また、人格形成教育の一環として、生徒自身がスポーツリーダーとなり、自主性を発揮する重要な活動の場所にもなっています。

 その他にも、児童の心身の健康増進や、学業態度や出席率の改善、ひいては校内の活性化などにつながっていることが確認されており、地域におけるスポーツ人材育成や、ボランティア機会の提供といった効果も認められているようです。  鶴ヶ島市体育協会でも、市民体育祭をはじめ、その他スポーツイベントにおいてボランティアの方々を募集する予定です。ご興味のある方は、ぜひご協力お待ちしています。